雛の雌雄判定結果が出ました

今年「鳴門板東ペア」から生まれた雛は,J0181,J0182ともメスでした。
当協議会が参加している「コウノトリ足環装着プロジェクトチーム」の徳島大学の河口研究室がDNA解析したヒナの雌雄判定結果はこちらです。