J0181(歌)は千葉県野田市にいます 2019/8/2

野田市の野田自然共生ファームさんから、鳴門生まれのJ0181(歌;2018/5/24巣立ち)が野田市で元気にしている写真が送られて来ました。

J0181(歌) こうのとりの里提供

 

J0181(歌)とJ0155(ヤマト;2017年野田市放鳥)  野田市提供




J0141(なる)が小松島市へ移動 2019/6/10〜

一昨年、鳴門市で生まれたJ0141♂(愛称:なる)が、2019年6月10日、小松島市で観察されました。なるは、昨年も、この時期このエリアでしばらく滞在しました。昨年同様、水田から水が落とされる時期までのしばらく間は、ここに滞在することが予想されます。
写真は6月13日午前、水田の畦で休んでいるJ0141♂(愛称:なる)です。




J0223,J0225巣立ち 2019/6/7

J0223♀とJ0225♀が巣立ちました。これで6月4日に巣立ったJ0224♂を含め、3羽の雛が全て巣立ちました。
巣立ちの映像等を、「観察カメラ」にアップしました。
県からの発表はこちら→190607資料提供(ヒナ全羽巣立ち)




雛の性別がわかりました 2019/5/16

鳴門板東ペアの3羽の雛について、徳島大学河口研究室がDNA解析を行ったところ、性別は次のとおりであることが判明しました。
県のプレスリリースはこちら→コウノトリ雌雄判定資料提供




雛に足環を装着しました(2019/5/9)

足環装着プロジェクトチーム(事務局:徳島県環境首都課)は5月9日午前、鳴門板東ペアの雛3羽に足環を装着しました。
個体番号、足環の色、体重は次の通りです。
装着作業の様子は活動日誌観察カメラをご覧ください。




親子観察会のお知らせ(再告知)

以前にもお知らせしましたが、5月26日に、親子観察会を開催します。巣立ち前のコウノトリの雛たちや、雛たちの餌となる生き物を観察する予定です。
詳しくはこちらへ→第5回コウノトリ観察会ポスター




歌(J0181・メス)は茨城県神栖市で滞在中 2019/4/4

鳴門姉妹の歌(2018年生まれ、J0181・メス)の情報が入りました。2019年4月4日時点で、茨城県神栖市で目撃されているようですが、3月にも滞在していたそうです。目撃者の波崎愛鳥会 平井様によると、神栖市川尻の田んぼにJ0116(未来・メス)、J0117(翔・オス)、J0155(ヤマト・オス)と一緒にJ0181(歌・メス)がいて、4羽とも元気に過ごしているとのことです。一方で、百(2018年生まれ、J0182・メス)の情報はありません。目撃された方は、ご連絡をお願いします。